診療内容

消化器内科

消化器内科は食道、胃、大腸、直腸などの消化管、肝臓、膵臓、胆嚢、脾臓など多くの領域を担当します。
逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、急性腸炎、肝機能障害、胆石、慢性膵炎などの消化器疾患を急性、慢性疾患に関わらず診察いたします。
胸焼けがする、おなかが痛む、吐き気がする、下痢をする、便秘で悩んでいるなどの症状が有れば気楽にご相談ください。
また胃がんや、大腸がんの早期発見のためにも内視鏡検査は必要です。
当院では内視鏡検査、超音波検査を行っておりますが 出来る限り苦痛の少ない検査を目指し、鼻から入れる胃カメラ(径鼻内視鏡)や炭酸ガス発生装置を使った大腸カメラを行っております。
なお、内視鏡検査は予約とさせていただきますが、医師が急を要すると考えられる場合はその限りでは有りません(空腹であるなどの条件が有りますが)

内科

風邪、インフルエンザ、扁桃腺炎、感染性胃腸炎、膀胱炎など急性の病気から、便秘・下痢、頭痛、発熱、咳、動悸、息切れ、貧血、頻尿、血尿・蛋白尿、疲れ、だるい、体重減少、食欲不振など何でもお気軽にご相談ください。

当院で可能な検査

胃内視鏡検査

胃内視鏡では食道、胃、十二指腸の以上を検査いたします。
当院では、むかつきやえずきといった内視鏡のさいに苦痛となるものをできるだけ避けるために、細径の経鼻内視鏡を用いております。
またご希望の方には鎮静剤の使用も考慮いたします。

近年、胸焼けつっかえ感など逆流性食道炎の症状を訴えられる方が多くなっております。逆流性食道炎の症状は人によって様々。薬がよくきく方もいれば 効きが不十分な方もおられます。いろいろな薬を組み合わせて対応いたします。ご相談ください。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因として考えられているピロリ菌は、感染している人は潰瘍だけではなく、ピロリ菌によって引き起こされる慢性胃炎から胃がんを発症する危険性が、ピロリ菌に感染していない方と比べて高いと言われております。このため、慢性胃炎の方でピロリ菌を確認した場合は、お薬で菌を殺すことが薦められております。昨年より認められた新しい薬を使った方法により、1週間の服用で菌を殺せる確率が高くなってきました。
当院では内視鏡検査時にピロリ菌感染を疑った患者様には、確認後積極的に菌を殺す治療(除菌療法)をお勧めいたします。

むかつき、食事の前におなかが痛む、食事の後にもたれたような感じがする、以前より胃の調子が悪いなどの症状の有る方は気楽にご相談ください。

大腸内視鏡検査

近年、大腸がんの増加は言われていることですが、早期に大腸がんを見つける方法は、定期的な大腸がん検診、そして大腸内視鏡検査です。

当院は尼崎市の大腸がん検診を行っております。
また出来るだけ苦痛の少ない検査を受けていただくため鎮痛剤や炭酸ガス発生装置を使用した大腸内視鏡検査を行っております。
最近は、検査前に服用していただく下剤の量も少し少なくなりました。
ご希望によっては鎮静剤を使用する場合もございます。まずはご相談ください。

排便の調子が悪い、下痢が続く、おなかが張る、便に血が混じったなどの症状の有る方はなんでも相談してください。
またそのような症状が無くても、定期的に検査を受けていただくことが予防や早期発見に有用だと考えております。

おなかのことで心配のあるときは、なんなりとご相談ください。

腹部超音波検査

肝臓、胆のう、腎臓、すい臓の検査を行います。痛くない簡便な検査ですので、当日空腹できていただければ当日に行うことも可能です。(ただし 外来患者様の状況によってはお待ちいただくことも有るかも知れません。ご了承ください)

当院は尼崎市肝炎検診を行っております
近年、肝炎、特にB型肝炎、C型肝炎の治療は急速に進歩しております。C型肝炎では飲み薬だけで多くの方の治療が出来るようになりました。
また、糖尿病、脂質異常などの生活習慣病にともなって、非アルコール性肝障害が注目されております。
一度、ご相談ください

その他検査

胸部レントゲン検査、腹部レントゲン検査、心電図検査、頸動脈エコー、乳腺エコー、下肢静脈エコーも行っております。
またインフルエンザ迅速診断検査、血糖検査など通常の内科検査も行います。

内視鏡検査

定期的な検診を受けること、それが健康を保つうえでとても大切な心がけといえます。
例えば胃がんや大腸がんは早期発見、早期治療によって治癒する確率は高まります。
当院では、むかつきやえずきといった内視鏡のさいに苦痛となるものをできるだけ避けるために、細径の経鼻内視鏡を用いております。また大腸内視鏡検査では鎮痛剤や炭酸ガス発生装置を使用することで、できるだけ苦痛の少ない検査を受けていただくことができます。

医療機器のご紹介

  • 内視鏡

  • 超音波診断装置

  • 心電計

▲ ページトップへ ▲